ご自宅での生花祭壇

こんにちは日も出てきて少し暖かくなりそうですね。
今日はご自宅での生花祭壇の一例を紹介いたします。
jitaku.jpg
この生花祭壇はご自宅の6畳間にお飾りした祭壇です。家族葬が一般的の中、品川区、目黒区、大田区にお住いの方はお葬式を行う場所の選択になると、桐ケ谷斎場や臨海斎場が候補にあがります。同じ場所ですべての行事が執り行えるからです。
しかし、桐ケ谷斎場や臨海斎場は大変込み合う葬儀式場ですので、1週間くらいお待ちいただいてからのお葬式となります。あまり待たずにお葬式を済ませたいとお考えのご家族様はご自宅のお葬式もよろしいのではないでしょうか。30年くらい前はご自宅でのお葬式は多かったです。弊社はご自宅でのお葬式も数多く担当させていただいております。
松崎裕太

桐ケ谷斎場や臨海斎場の安置室

ご自宅で臨終を迎えると「湯灌(ゆかん)=浴槽を使ってお湯でお体を洗い清めるしきたりのこと」をして、白い着物に着せ替え、旅のしたくを整えてから、お棺に入れるという順序でお通夜への準備をしていきましたが、
最近は病院から自宅へお帰りにならずに直接安置室に搬送するケースが多くなってきています。
桐ケ谷斎場の安置室も臨海斎場の霊安室も「湯灌(ゆかん)」を行うことはできません。
また、前項の通りお線香も禁止されておりますので、短時間のうちに棺に入れ、冷蔵室に入れてしまうという慌ただしいお別れになってしまいます。
ご自宅に帰るのが無理ならば、せめてゆっくりお別れできる弊社の安置室をご利用になってはいかがでしょうか。   稲毛英一

公営の式場・斎場について

都内の葬儀式場はいくつかのカテゴリーに分けられます。
 ①寺院の経営する式場~
   お寺の敷地内に本堂とは別棟の会館を建てて、檀家以外の方でも料金を払えば
   誰でも利用できる貸式場として公開しているもの。
   多くは仏式葬儀のみでキリスト教などは不可(例外あり)。
    →安楽寺別院五雲閣(¥200,000~¥400,000)、羅漢会館清雲(¥200,000)など
 ②区営の式場~
   品川区・大田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・千代田区など
   大半の区にはそれぞれ区立の式場があります。
   利用料金が安く、宗教宗派も問いません。
    →品川区立なぎさ会館(¥65,000)、目黒区立セレモニー目黒(¥72,200)など
 ③民間火葬場内に付設された式場~
   火葬場の敷地内に付設された葬儀式場。霊柩車やバスでの移動の必要がなく
   火葬まで1か所で終わるので便利。
   23区内に8か所(品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・荒川区・葛飾区・板橋区)
    →桐ケ谷斎場(¥243,540~¥432,000)、代々幡斎場(¥243,540)など
 ④公営火葬場内に付設された式場
   23区内では大田区にある臨海斎場1か所のみ。
   品川・大田・港・世田谷・目黒の5区内在住であれば、
   家族葬(少人数)¥70,000、一般葬(20名以上)¥100,000で利用できます。

公営(区営)の施設はホント安いですね。